当時のカタログ

私の趣味はアパレルショップのカタログを集めることです。

シーズン毎に「Spring/Summer」「Autumn/Winter」のような形で店頭でもらえるあの冊子ですが、

もはや、洋服を見る・買うよりもカタログを集めることの方が楽しいかも・・・と思うぐらいです。

待ち合わせ系の風俗は状況によって利用しないほうが良い横浜風俗で利用した時に本当にそう思った!

あ、もちろんカタログをもらうだけでなくちゃんと服も買ってますよ(笑)

集めていると言っても、好きなブランド3つ分ぐらいを毎回もらっているだけなので半年に3冊ほどしか増えないのですが、

7、8年分ぐらいはあるのでもう50冊はゆうに超えてますね。

さて、カタログを集めてどうするのかというと、時々見返しては「ああ、こんな服もあったなあ」「これ、欲しかったけど予算オーバーであきらめたっけ」「このブランド、一時期こんな路線だったなあ」と懐かしく思い返すのが好きだからです。

また、もう何年も前に買って今は箪笥の肥やしになってしまっている服でも、あらためてその当時のカタログを開いてモデルが着ているのを見ると久々に自分も着たくなったりして、久しぶりに日の目を見た服などもあります。

そう考えるとカタログ集めの趣味が、洋服を大切に扱うことにも繋がっていますね。

ちょっと変わった趣味ではありますが、私の誇りです。